Beauty Japan 2019 大会概要 -2019AWARD-|Beauty Japan(ビューティージャパン)

トップ画像

2019 AWARD

Grand Prize

雅南 ユイ

ビューティージャパン2019 グランプリ
サクラサク賞

雅南 ユイYui Kanan

Beauty Japanの第一回目という素晴らしい機会に 「グランプリ」、そして「サクラサク賞」を頂くことが出来、本当に光栄に思います。ありがとうございます。

私は、皆様が輝ける素晴らしい女性だと感じており ここまで一緒に駆け抜けてきた全てのファイナリスト、そしてそれを支えた皆様が全員グランプリだと思っております。
この「Beauty Japan」に参加したコンテスタントも数々の苦悩を乗り越えてらっしゃいます。各予選のプレゼンでの自分の生い立ちや活動を語る姿はどの方も懸命でした。そしてファイナリストのLessonの時に涙を流される方もいらっしゃいました。それほど、このコンテストに想いを馳せ真剣に向き合ってきたのだと思います。

このコンテストで自分を見つめ、自分の価値、そして「夢」を見つけ、日が経つごとにどんどん輝きだしました。彼女たちの顔は輝いておりました。彼女たちの目に迷いはありませんでした。「自分」を見つけた彼女たち、その為に支えたご家族やご関係者の皆様、ご友人、仲間の皆様も 多大な努力を惜しみなくされたと思います。

それを乗り越えた皆様におめでとうを伝えたいです。それは必ず成長に繋がるからです。必然的にこのコンテストに出会い参加したのでしょう。

この場所に私が一緒にいれることを本当に光栄に思います。真剣であることの大切さを教えてくれたことに感謝を述べたいです。ありがとうございます。

そしてコンテストが第一回目というバタバタの中、朝も夜も時差も関係なく我々をしっかりと支えて下さった 主催運営の方々、講師の方々、スタッフの皆様、本当に有難うございます。皆様の真剣に向き合う姿を見て、私の意識はどんどん変わりました。今では、新しい私を生み出してくれた母親のようなこのコンテストを大切に守りたいとさえ思うようになりました。弱音を吐かず、前を進み続けた皆様の背中がとっても大きく逞しく見えたからです。主催者の皆様の覚悟、本当に恰好よかったです。皆様のようになれるよう精進して参ります。非常に感謝致します。

そして、ファンの皆様、 まだまだ未熟な私の活動をいつも応援して下さり有難うございます。今日もお仕事や学業が忙しい中、時間を調整して会場に来て下さった方々、 SNSで応援メッセージ、コメントを下さったファンの皆様、 ウォーキングやプレゼンでアドバイスを下さった皆様、 ステージの裏で私を支えてくれた仲間、 本当に感謝しております。
笑顔で「頑張って!大丈夫だから!」と鼓舞して下さったり、 「身体を大事に!無理しないでね」と心配して下さったり、 家族のようにしっかりと気にかけて下さる姿にどれほど救われたか分かりません。有難うございます。

この「Beauty Japan」コンテストは、変わるきっかけ、「夢」の入口の一つとして位置づくことでしょう。そして、この素晴らしい「Beauty Japan」、第一回に出場、そして受賞できたことを光栄思います。来年、よりパワーアップすることを願います。

これからも雅南ユイは甘んじず邁進して参ります。どうかこれからも応援宜しくお願いいたします。

田村 有紀

ビューティージャパン2019 グランプリ

田村 有紀Yuuki Tamura

伝統工芸品 七宝職人 田村有紀です。

今回グランプリを頂き、とても嬉しかったのですが、 グランプリを頂いた瞬間ステージで感じたことは ここで終わりではないということ。

思ったほどの感動はなく、というと語弊がありますね。とても嬉しいのですが、 わたしが欲しかったのはグランプリという称号ではなく、 こうしてたくさんのつながりや学びを得ることだったんだということ。そしてここから先だということをびしびし感じた瞬間でした。

私、もしグランプリに選ばれたら泣くかもしれないなとおもったんです。よくテレビかなんかで見てきたシーンのように。でも全然涙はでなくて。だって、他のファイナリスト誰がとってもおかしくなかった。文句はなかった。すごく素敵で、かっこよくて、頑張っているのを見てきた。今回運良くタイミング的に私だっただけ。ここまで来る間にたくさんの素晴らしい熱量のある出会いに恵まれました。なによりそんな場所にいられたことが私はすごく幸せだったのです。

だからきっとここから。結果のカタチはどうであれ、 きっとこの出会いは未来につながっていくんだと思います。まだスタート地点に経ったばかり。みんなと一緒に、さらに自身の納得いくかたちを体現していきたいと思います。ワクワクすることをみつけていきたいです。

挑戦を続け、先駆者であり続ける、それが職人。私なりのスタイルで、たくさんの方と出会い、 恩を返していきたいです。

出会ってくださったみなさま、 こうして心から楽しかったと思えるイベントを作ってくださった運営のみなさま、講師のみなさま、応援くださったたくさんのあたたかいみなさま、 一緒に成長したファイナリストのみんな、本当にありがとうございました。

森實 りこ

ビューティージャパン2019 グランプリ

森實 りこRico Morizane

実は私、「ミスコンテスト」にあまり良いイメージを持ってなかったんです。誰かにとっての都合の良い基準で美醜を決められ、品定めされる感じがして。でもBeautyJapanのコンセプトを聞いたとき、このコンテストは違うのかもしれない、違うといいな、そう思って応募を決めました。

エントリーから約半年間に渡り準備をしてきましたが、正直直前まで迷いはありました。他のファイナリストも皆、それぞれに迷いや葛藤があったと思います。そんな中で迎えた日本大会当日。リハーサルでMCの方が進行台本を読み上げました。

『私たちは、極端な年齢制限、エントリー時の身長制限はしません。女性に番号札をつけることをしません。とうぜん恋愛や結婚に賛成しています。』

この一節を聞いて、私は改めて「ああ、BeautyJapanに参加して良かった」と思うことができました。ここでは「誰か」にとっての都合の良い美の基準を押し付けられることは決してないんだと。

グランプリ受賞時にもコメントさせていただきましたが、これからはこの様なビューティーコンテストが主流になっていってほしいと切に願いますし、私たちが率先して流れを変えていきたいと思っています。

最後になりますが、各プログラムで講師を務めてくださった皆さま、大会事務局の皆さま、スタッフの皆さま、そして何より大会にお越しくださったお客さま、本当にありがとうございました。今後の私たちの活動に、ぜひご注目ください。

Best Prize

ベストビューティー賞
男子専科賞
永瀬 愛美Ami Nagano

ベストキャリア賞
平井 希京Kikyo Hirai

ベストソーシャル賞
エンジェルモデルリワード
パラレルキャリアオブザイヤー
八田 京子Kyoko Hatta

Special Prize

モストインフルエンシャル
オブザイヤー賞
横手 香菜Kana Yokote

ロイヤーズコーチング賞
ベストビジョンプランニング賞
池内 ひろ子Hiroko Ikeuchi

Music Prize

ミュージック部門グランプリ
大塚 茜Akane Ootsuka

ミュージック部門特別賞
森川 華子Hanako Morikawa

2020大会概要

開催日:
2019年7月10日(水)

開催場所:
渋谷ストリームホール

住所:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリームホール

URL:
https://stream-hall.jp/

時間:
Open 16:30 / Start 17:00

チケット:
前売10,800円 (当日12,960円)